また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

いきなり

いきなりやってくる

彼のいない寂しさ。

どんなに平気そうに見えたって

つまらない一日を過ごしてたって

突然彼がいない現実をつきつけられる。

思い出す…それが原因かもしれないけど

それさえも飛び越えたような感情で…

きっかけなんてないといってもいい。

冷静なはず、心穏やかなはずなのに

パニックみたいになる。


どうして彼がいないのか

なぜ死んだのか

そんなの嫌だ…


分かってるはずなのに。

この前まで確かに彼はいて

幸せに笑う私もいた。

なのに…なぜか…両方ともなくなっていて。

あの日のことを忘れたわけでも

思い出せないわけでもないけど

あの衝撃が今も残ってる。

死んだと伝えられてから

亡くなった彼との対面。

あれが今でもどこか信じられない。

そんないろいろな思いを一人で

受けとめきれなくて。


涙がとまらなくなって

大声で叫びたくなって

彼に抱きつきたくなって…。

どうしようもないこの感情を必死に抑える。

声は出せないし、頼る人もいない。


でもね…

抑えようが溢れさせようが

変わらないんだ

結局何しようと同じ。

そんな私を慰めてくれる

励ましてくれる彼がいないのだから。

なかったことにしたくない

彼と出会わなければ今の私はいない

それでも願いたくなる

あの頃に戻りたい…と。


苦しい、ほんとに苦しいよ…助けて…

幸せな思い出だけおいていかないでよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。