また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

時間

彼をあっちの世界に送る日
タクシーの運転手に言われたことがある。


「この土地の言い伝えでは
一人亡くなると周りの誰かも連れて行く」


その時は何も考えられなかったから
そうなんですか...って適当に答えた。
5年住んで初めて聞いたし。
普通に考えれば
悲しみでいっぱいの人に
言うことじゃないよね。
他にも失礼なこと言う人だったし。
そんなことにも気付かないくらいだったけど。


今なら...どうせなら連れて行ってくれれば
良かったのになって思う。


周りとの時間の軸が少しずつ、確実に
ずれはじめたのを感じる。
私はあの頃のままなのに...
記憶の中の彼もあの頃のまま。
周りだけが進んでいく。
というよりは自分が立ち止っているだけなんだろうな。


自分が彼の元にいくまで
ずれたままなのだろうか。


何も変わりない毎日。
ただただ生きた一日。
ブログも続けていっていいのかも
分からなくなってきたよ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。