また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

いつでもいいよ

また市販のやつで髪を染めた。

キシキシだ…

それにこの間と種類を変えたら

少しあわなかった。

これで明るい色はでなくなるだろうか。

次は美容院に行けるようになるかな…

彼との記憶を上書きしたくない。

「いいじゃん」

もうそうは言ってくれないね。


少し太った。

どんどん肥えていく。

食べても食べても満たされない

とにかく食べて…

胃弱いのによくないね。

女の子の日が近いことを言い訳にすると

「でたー、ならしょうがない」

毎月言ってもそう答えてくれて。

「太ってないから大丈夫」

少し笑いながら

一緒にいると気付かないよ、

なんてごまかして

もうそれも言ってくれないね。

冗談が聞きたい。

ささいなことでも

彼がいないことを実感する。


『いつでも連れていってくれていいからね』

毎日言うことの中で

一つ増えた、彼へのメッセージ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。