また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

久しぶりに

今日は久しぶりに街に出た。

人がいっぱいだ。

少し買い物しただけで

体が疲れてしまう。

これだけ人がいるのになんで

彼がいないんだろうと思う。

みんな抱えてるものは違うのに

幸せそうに見える。

幸せな人もいるんだろう。

私も少し前までは

そんな風に思われることも

あったのかもしれない。

一人取り残されたように感じる

外に出るのが少し怖い。


最近は『無』になれることが増えた。

マンガ読んでいるとき、外国の映画を見ているとき

何も考えずに話してるとき…

今の生活(何もしないで怠けてる)限定だけど

彼のことを考えない時間がある。

新しいことをしたり昔してたことをすると

彼との生活を思い出してしまう。

彼がいたら、彼がいたときは…

『無』になれる時間はできても

突然悲しみに襲われて涙がでることもある。


受け入れられなくて考えることから逃げてる。

少し前に誰かと話したことが

はっきり思い出せないことが多く

ほんとにそう約束したのかも自信ない。

深く考えるのが怖くて

彼を思い出すのが怖くて…

うわべだけの気持ちで生きてる感じ。

注意が散漫して危機感もあまりない。

どこかボーッとしてて

笑えてるのに笑ってる気がしない。


毎日こうやって気持ちを吐き出せているのに。

気持ちも矛盾ばっかり。

今の自分がほんとに分からない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。