また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

生活の変化

今までの生活が変わり始めたのが今年の4月。

彼の子供が家を出ることになって(田舎のため)

遊びにおいでよと言ってくれるようになった。

行くのが嫌で断ってたし、子供がいなくなったから

といって気軽にいけるものでもなかった。

それからしばらくして、彼のお母さん、お父さんが

入院することになったから

2週間限定で泊まることになり

彼もお見舞いや家のことをするために

週末だけ仕事をするようになった。

どこか泊まりで遊びに行く時以外は

いつもうちが寝てる間に出かけてたから

「おはよう」が言えるのも彼の家で仕事するのも

掃除も料理も…新婚さんのようで嬉しかった。


初めて彼のお父さんに会ったのが

3ヶ月前から予約していた沖縄旅行の帰り。

(以前会ったことのあるお母さんは入院中で

退院間近に別の重病にかかったが奇跡の回復)

「遅いし疲れてるから泊まっていきなよ」

そう言われたけど心の準備もできず

頑なに「帰る」って言い張って

空気が悪くなっていた。

とりあえず買い物していこうとなったが

うちが財布を落とした!とちょっとした騒ぎに。

さっきまで楽しかった気分は最悪。

いろいろ手続きもあるし

仕方なく泊まることにした。

結局はかばんの中にあって、

お父さんと楽しい晩酌ができた。


その日を機に泊まりに行くことも増え、

お母さんのお見舞いに行くようにもなった。

一緒にいる時間が多くなり

何も用事がない日は、海に行って

サーフィンやシュノーケリング、海三昧。

「幸せすぎるね」

そう言った記憶がある。


お母さんが退院してから、泊まる日は

日中はサーフィンして買い物行って

夜はみんなでご飯を食べるようになり

その後少し話をして洗い物をしてから

彼の部屋で晩酌の続きをする、

週末の仕事の日は家に帰る

そんな生活に変わっていった。

といってもこれが続いたのは約1ヶ月。


優しく受け入れてくれるお父さんとお母さんと

過ごすのが楽しく人生の大事な時間になった。



なのに前触れもなく、いきなりのお別れとなることに。



少し時間が経ってから書いてるけど

まるで他人ごとの小説のように感じる。

冷静なわけじゃなく、

ただただ無心に書いている。

もうそんな生活はこないのに

続いてるような気がする。

そう思い込みたいだけなのだけど。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。