また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

風邪

風邪ひいたのかな。

喉がかなり痛い。


「海に入ってると風邪をひかない」

彼がそう言っていた。

年に1度はなっていたのが

がっつりサーフィンをするようになってから

確かに風邪ひいてない。

もう2ヶ月以上入っていないせいかな…


だけど彼は定期的に風邪ひいてた気がする。

少しダルいと思ったらすぐパブロン飲んでさ

もう効き目なかったんじゃないかな。

亡くなる前の咳も風邪だと思って飲んでたな。

うつされたかも!そう言って私ももらったパブロン

彼から最後にもらった物は風邪薬だった。

今でも捨てられない。


同じ職場で働いてる時

彼とは同じチームになることはほとんどなかった。

(シフトをつけていた人の陰謀で

私情は挟まないようになんて言って

仕事に持ち出してたのはその人だった)

仕事中に2回体調を悪くしたことがあった。

なぜかそうゆう時に限って彼と同じだった。

そのうちの1度は看病したら彼にうつされて

吐き気がとまらないひどいものだった。

代わりの人がいないから私の分も彼がやることに。

今考えてもありえない仕事量

「任せて」そう言ってくれて

忙しいのに様子も見に来てくれて…

今でもこの日を覚えてる。

あまりにもひどいから、彼の家に連れて行ってくれて

それが初めてだったな、相手の親に会ったのも。


彼と「今日は同じだね」なんて言った日に限って

仕事できなかったから堂々と一緒にした記憶あまりないな。

(彼がいつも遊びにきて手伝ってくれてたけど)

きっと安心して疲れが一気にでたに違いない。

それほど頼りにしていたんだよね。


毎年冬になるとこの時の話をしてさ、

懐かしんで文句言ってたな。

「もう二度とうつさないでよ」って。

今年からもう言えないのか。

彼から仕事の文句も聞けないのか。

もう冬を一緒に楽しめないのか。

そんなの考えられないよ。


風邪なんか引きたくない。

「静かに寝ててくださいな」

そう言ってくれる彼もいないし

何よりもうこれ以上弱りたくない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。