また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

受け止められない

彼が亡くなった日、初めて会う彼の家族。

こんな形で会うなんて思ってもいなかった。

勇気がなくて「会うの無理だよ」

そう言って避けてきたことが

あっさりと実現した。

みんなすごく優しい。

その優しさがすごく悲しかった。

なんで彼はいないんだろう。

うち一人会っても意味ないじゃん…

何より唯一の他人である私は孤独だ。


その日は一人家にいることもできず

離れたくもなくてセレモニーホールに

泊めさせてもらった。

食べる気力も寝ることもできなかった。

なんで、どうして…こんなことに、

昨日まで話してたのに

思い出しては泣いてを繰り返して。

声をあげて泣きたかったけど

アウェーな自分がそうするわけにもいかなかった。

すぐ顔が見たくなっては

布をとって話しかけてみる。

目あけてよ、しゃべってよ、ねぇ起きてよ。

触れてみる。

冷たい…こんなの知らない。

夏はいつもペタベタしてるのに。

冬のサラサラ感とも違う冷たさ。


次の日、母がきてくれた。

顔を見た瞬間

声をだしてやっと泣けた。

「○○が死んじゃったよっ‼どうしてっ⁉」

母も泣きながら

ギュッと抱き締めてくれた。


それから海に彼の車をとりに行くことになった。

今運転できる人がいないし

ロックの番号や駐車場所も一番よく知ってたから。

「無理そうなら大丈夫だよ」

そう言ってくれたけど

彼のためにうちがやれること、

やるべきことのように思えた。

今まで何度も通った道、話したこと、笑ったこと

たくさんのことが思い出されて。

夏は駐車代とられるからと

海から少し離れた安い駐車場に。

車をあけると、いつも海に入る時と

何も変わってなかった。

水が積まれてて、脱いだ服があって、

一服した灰皿があって…

まだいるかのようにいつも通りだった。


いつも利用してた駐車場の

おじちゃんとおばちゃんに伝えて、

「今は辛くても大丈夫な日がくるから」

必死に励ましてくれることにまた泣いた。

その後、交番に死ぬ間際まで使っていた

サーフボードとウエットスーツを受けとる。

彼の家で潮を流す。

いつも彼が中心にやってくれてたこと

いなくなった受け止められない現実が

突きつけられる。

泣きながら、必死に片付けた。

いつも大事にするために手抜き

したことなかったもんね。


台風で波があがっていた。

直前までサーフィンして

大好きな海で最期を迎えられたのは

幸せなことだったんだろうね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。