また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

彼のすごさ

彼が死んでから
生活が一気に変わった。
彼がいないし
住んでいた町を離れたから
当たり前なんだけど。


私は在宅ワークだったからこそ
彼との楽しい日々になっていたけど
彼にとってはハードだったに違いない。
今思えば…。今だから思う。
朝は早くて夜が遅い仕事だった。
なのにお昼休憩には
買い物も連れて行ってくれたし
冬なんかはウォーキングにも連れて行ってくれた。
(私が虫嫌いだから冬のみ)
家でゆっくりすればいいのに
コンビニ行こうだの
家にちょこっと寄るねだの
そんなにうちに会いたいのかってくらい
(うぬぼれかもしれないけど)
5年間ほぼ毎日会っていた。
めんどくさがりなうちが
一人家にこもらないようにするためだったのかな。
夜会えるのにお昼にも会いにきてくれて。
夜はお酒を飲みながら私に付き合ってくれて
家には早朝に帰ってた。
きっとその後子供たちやご両親の用事も聞いてたに違いない。
最後の1ヶ月、彼の生活を知った時
すごいなと思ったけど
それよりも彼と過ごせることに浮かれて
当たり前のように甘えてしまってたな。


休みの日は、半日なら午後でも午前でもサーフィン、
波がないならドライブやウォーキングしたり。
一日休みなら少し遠出して
春夏は基本海、秋冬はショッピングや雪遊び。
家でゴロゴロだけなんて日は
一日もなかったのかもしれないほど。
あのときはこれが普通だったけど
今思うと彼はすごすぎる。
同じ職場を経験したからこそ
仕事の辛さを知ってる。
休みの日は寝るのが普通なくらい。
それに加えてどうでもいいような私の話を
嫌な顔もせず聞いてくれたんだから
責め立てるようなことも
怒らないで受け入れてくれて
本当に優しい人だった。
冗談で返してくれてね…
今になって彼の優しさがより分かる。
彼がいなくならなかったら分からないこと
彼がいなくなったからこそ分かること。
それがまた悲しい…


私と彼が5年間の人生を楽しめたのも
二人出会えたからだとそれくらいは思いたい。


私が今、暇だと思うことも
毎日つまらないと思うのも
彼との生活があったからだろうな。
サーフィンもウォーキングもしないし
外に出ることもほとんどない。
かなりの運動不足だね。
彼はなんて言うだろうか。
彼が生きてたら…そう思っちゃう。
やっぱりいやだなぁ、
私の人生に彼がいないなんて。
信じたくないよ。


少しでも残しておきたい
彼が私にくれた思い出を。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。