また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

うまく言えないのだけど

彼が亡くなってから
彼のことを考える日々。
考える時間や気持ちに変化はあるものの
それはまだあまり変わっていない。


その中でふと思ったことがある。
『私は自分のことばかり考えているのではないだろうか』
ということ。
自分の気持ちを正直に吐き出すために
始めたブログなのだからいいはずなのに
もしかしたら無意識のうちに
誰かを傷付けてしまっているのかな…
そんな不安にかられる。
それぞれ考え方も違って
状況や想いも違う。
だからそれでいい、それでいいのだけど。
それでも彼を失った私には
興味だけでなく
思いやりも優しさも失った気さえする。
自分勝手でまさに悲劇のヒロイン。
うまく言えないのだけど
私は分かっているつもりなだけなのかも
自分が可哀想なだけなのかも
人には寄り添えないのかも…なんて
何に落ち込んで何を嘆いてるのかも
分からないのだけど
いつのまにか自分の世界にだけ
入っているような感じ。
私は自分のことばっかりだ。

彼の死だけでなく
向き合わなくてはならないことができた。
『彼がいなくなった私』だ。
人の痛みに寄りそえる人になれるか
それともずっとかわいそうな自分でいるか
どっちがいいのかなんて分かってはいるけど
そうすることができない。
かっこよく言えるなら
『彼の分まで生きたい』。
彼ができなかったことを成し遂げるのもいいし
自分が描く幸せになることもいい。
どんなことでも、彼の死を受け止めて
前を向いて自分の人生を精一杯生きていきたい。
そして経験したからこそ優しくできる人でありたい。
大事にしていきたい。
だけど、そうなれない自分、
そうできない自分がいて・・・。
結局彼に助けを求めてしまう弱い心。
彼が死ななければ
彼が生きていれば
そう思って泣くばかり。

助けてよ・・・。
「○○なら大丈夫さー」そう言ってくれないかな…。

彼が生きていた頃の幸せな私はどんなだっただろう。
それさえも今は分からない。
少なくとも今よりは人の気持ちを考えられていたと思う。
どうすることもできなくてこのブログに吐き出すだけ。
その毎日に、そんな自分にも少し疲れてきた。
まだ何も頑張ってないのにね。

そんな中でも
見守ってくれる人がいて
温かい言葉をかけてくれる人がいる。
そのことだけは決して忘れないようにしたい。
このままブログでなら正直な思いをぶつけてもいいだろうか…?
もし傷つけてしまっていた…ごめんなさい。
そしていつもナイスをしてくれださる方、見てくださっている方
本当にありがとうございます。

早く…少しでも…ましな私に戻りたい。
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。