また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

いいことなんか

今の窮屈な生活から抜け出すためには
自由な時間を過ごすためには
何か行動を起こさなくてはならない。
親に気を遣わせたくなくて
思いっきり泣くこともできない。
声を出して彼に話しかけることも難しい。
彼に会う前の私なら
思い立ったらすぐ動いたと思う。
なのに今は何もできずにいる。
数年間が幸せ過ぎたせいだろうか。
楽をしすぎたから
甘えすぎたからだろうか。
…彼がいなくなったからだろうか。


これからのことを考えると
いいことなんか何も待っていないと思ってしまう。
楽しみもなく、仕事も一からはじめなきゃいけない。
辛いこともあって頑張らなきゃいけないこともたくさんある。
そのうえ悲しみも喜びも共有してくれる彼はもういない。
確かに、彼がいなくなる以上に辛いことなんてない。
だけど、何しても彼が戻ってくることはないんだよね?
彼がいてこその私の人生だったとしたら
そこまでして生きる意味はあるの?
そんなことを考える。
自ら死ぬ選択肢はないにしても…
思い出しては泣いてを繰り返して
前を向いたり落ち込んだりを繰り返して
なんだか少しずつ疲れていく。


今の私にとって生きる意味なんかないんだよね、はっきりとは。
それでも生きていかなきゃいけないのか…


やっぱり私は彼がいないと
もう生きてはいけないのではないだろうか。
幸せな私だけを置いていかないでよ…
いつのまにか幸せだった私になっちゃったよ…


昨日、死別後のプロセスを読んだことを
少しだけ後悔した。
見透かされてるようで(誰かにとかではなく)
正直な気持ちが分からなくなったからだ。
まぁ、気にせず思ったことを書いていけたらな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。