また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

感情と想い

泣かないで前向きに考えられる日もあれば
とにかく悲しくて寂しくてどうしようもない日もある。
彼を忘れたような気がする時もあれば
昨日のことのように感じる時もある。
彼なしの人生を楽しもうと思えるし
彼以外を想うなんてとも思う。
さっきまで元気だったのに
数時間後には落ち込むこともある。
辛いから彼のことを思い出したくないのに
忘れることに恐怖を感じて必死に思い出そうとする。
彼がもういないこと、会っていないことは現実なのに
どこかで彼がいる気がしてしまう。
こないだまで彼と過ごした日々はあったはずなのに
夢のような遠い記憶に感じてしまう。
とにかく毎日なんだかよく分からない。
それでも私は生きている。


毎日、時間ごとに感情が変わる。
ブログを書くときもそう、
さっき書いた内容と
真逆に思うこともあって…
ころころ変わる気持ちに
言いたいことが分からなくなる時がよくある。
そんな自分に幻滅して…
疲れると彼に助けを求めてしまう
早く迎えに来て…と。
どうしたらいいのか分からないからだ。
どんなに分からなくても彼がいないから
結論、答えが出ない。


たとえ感情は変わってしまっても
『彼のことが大好きで、
この先もずっと大切な人』
その事実と想いは
何があっても変わらない。
自分の弱さ、情けないとこ
罪悪感…様々な感情があって
たとえそれが醜いことであっても
それだけは私の人生の中で
決して変わらないもの。


本当の自分はどれだろうか?
今の自分の気持ちは?感情は?
これ!というものはない。
正反対の考えや思いも
どれも今の本音。


私にとって特別だった日は
やっぱり心が弱くなる。
我慢…祝ってあげたくなる。

私と彼、二人の間だけなら
永遠に歳の差があってもいいだろうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。