また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

納骨日

いよいよ今日は納骨式と法要の日。

この日がきてしまった。

最初は彼の希望通り

(私が聞いていた)

全部海にまく予定だった。

でもご家族で永代供養にしようと

決めたらしい。

ショックを受けるかもと

私に話すか迷ったと言われた。

そこまで考えてさせてしまって

申し訳なかった。

他人なのに誘ってくれたことが

嬉しかった。


怖い。

近付くにつれて

行くのが怖くなった。

受け入れたくない現実が待ってるから。

もういないのを実感するから。

ちゃんと行ってあげたいのに

行きたくない。

弱いうちでごめん。

彼がいないとだめなんだよ。


泣かないでいれるだろうか。

少しでも笑えるだろうか。

もう心配かけるわけにはいかない。

あとは孤独との闘い。

みんな親族なのだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。