また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

誰にも言えなかったこと

いろいろな人に話して

悲しい気持ちも思い出も聞いてもらった。

意外と笑いながら話せたこともあって

思い出しながら泣いたこともあった。


だだひとつ…言えなかったことがある。


『どうして自分じゃなかったのか』


大事にしてくれる家族も

話を聞いてくれる友達もいる。

だからこそ言えなかった。

だけど本当はみんなに言いたい。

なんでうちじゃなくて彼なのか。

死ぬのはうちで良かったのに。


『彼に同じ悲しみを与えずにすんだ』

そうゆう考えに救われこともある。

それでも彼は乗り越えられる人だと思う。

自分で言うのもおこがましいけど

うちと同じように悲しんでくれたはず。

だけど彼なら思い出を大事にしながら

その場所に住み続けただろうし

サーフィンだって楽しんだはず。

何より彼は必要とされてる人間だ。

成人してない子供もいるし

支えていかなきゃいけないご両親もいる。

会社にとっても長年働き続けた貴重な存在。

本人は嫌っていたとしても

誰からも愛されていた。

そんな人を連れていくなんて。


比べていい命なんてないのだけど

少なくともうちより必要とされている人。

彼は辛いことがあっても

死にたいなんて思う人じゃない。

うちは死にたいと思ったことがある。

楽になりたい、こんな自分いなくたって。

それなのにいなくなってしまったのは

選ばれてしまったのは彼で。

自分が良かったと心から思う。

うちは彼がいないと生きていけない

生きていきたくないそうまでも思う。

そんなうちを連れていって欲しかった。


今からでも遅くないのなら

私を選んでください。

いつ死んでも怖くない

そんなことを思ってしまう私を。

どうか、どうか。


『○○が生きていてくれるなら良かった』

彼がそう言ってくれないのなら。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。