また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

区切り

納骨と法要、会食が終わった。

恐れていた一日があっという間に。


久しぶりに再会した彼の家族

元気そうで安心した。

息子の死、父の死、兄の死、かつて愛した人の死

みんなそれぞれ抱えてる悲しみは違う。

今も愛してる人の死

自分だけが悲しんでるわけじゃないのに

自分だけが進めてないような気がした。

ここにいることが不思議で

彼がいないことに違和感を感じる。


「仏様のもとにかえられた」

そんなことを言われても信じられなくて。

彼の供養を考えて、彼の今後の幸せだけを考えたくて

ひたすら祈る。


愛してくれてありがとう

そっちの世界でも楽しんでね

見守っていてね


だけど彼は…彼は死ぬような人じゃない

そんな風にも考えてて。

泣きたい気持ちを抑えて悲しみをこらえて

『無、無、無』と言い聞かせる。


なんで自分はここにいるのだろう

そんなことを思いながら。

元奥さんが「こんな形ですいません」

と言ってくれてから

連絡を無視されたこと

見かけたことがあること

娘から彼女がいることを知っていたこと

を話してくれた。

彼からは聞いていたが

愛されてたことを実感した。

自分が拒否してたことが

そんなに難しい未来ではないこと

もっと嫌な人なら良かったのに。

普通に話せて笑えてる自分に驚きながらも

もういない彼に話せない悲しみを感じた。



お魚がおいしいお店で会食。

このお店は、彼からもおいしいと聞いていたが

高いんだよねーって連れてきてくれてなかったとこ。

おいしいはずなのに、好きなお刺身なのに

何も感じない…むしろ戻りそうなくらいで

無理矢理飲み込んだ。

彼がいたから食べることに幸せを感じていたんだね。

食い意地をはるくらい食べることが好きで

ダイエットしてるくらいだったのに。


元奥さんと子供たち、ご両親の懐かしむ話が聞こえてくる。

「お父さんに似て良かったね」

「ここは私に似たんだね」

うちの知らない彼のこと。

これからうちにもない未来。


ここに彼がいたら…

いないからこその機会。

みんなの優しい人柄が辛かった。


一緒に過ごしたアパートに

49日まで過ごそうと決めた。

思い出いっぱいの家

悲しいけど一緒にいられる最後の時間だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。