また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

絶望①

彼がいなくなってから何もかも変わった。

今の生活もこれからの未来も…


絶望


何気ない毎日。

お昼に会いに来てくれて少し話して帰っていく

夜にきてうちが作ったご飯を食べて早朝帰っていく

そんな変わりない日々。

「行ってきてくださいなー」

買い物めんどくさ…料理作らなきゃ…

そう思ってたことが懐かしい。

「ただいまくん」「疲れたび」

「おかえりくん」「お疲れさん」

その言葉が懐かしい。

会えることがどれだけ幸せだったのか。

今になって、当たり前だと思ってたことが

どれほど幸せな時間だったのか思い知らされる。


歩いてくる音、ドアを開ける音。

彼の姿、表情、声。

思い出すことはできるのに感じることができない。


会いたい、会いたい、会いたい。


同じように過ごしてるのに

彼だけがいなくて。

泣いても、願っても何も変わらなくて。

ドラマやマンガのような出会いががあるわけない

そう言われてるのに

なんでドラマやマンガのような別れはあるのだろう。

神社や恋愛成就、ミサンガに願いを込めてきた。

『彼とずっと一緒にいられますように』

叶わなかった。

神様はいない…そう思ってしまう。

死ぬ1ヶ月前、一緒におみくじをひいた。

私は末吉…恋愛『あきらめなさい』

神様はいた…お告げだったのかもしれない。

彼は「うるさいわ」そう言ってた。

あの時は笑えてたことが今では笑えないこと。


よく死ぬことについては話してた。

でも心配性なうちが先に死ぬ前提で。

うちがガンだったら?「ガーン(笑)」

うちが殺されたら?「そいつ殺す(笑)」

彼が死ぬことなんて考えてなかった。

自分が先のことばかりだった。

突然自分が死ぬことを考えて

遺書を書いてたし

「うちが死んだらリュックいっぱいに

お菓子をつめてね、三途の川で待ってるから」

そう伝えたこともあった。


冗談だから言えてたこと。

「それまで生きてないんじゃない」

「そう言ってる人ほどポックリ死んじゃうよね」

そう言うといつも

「死なないさー」「大丈夫さー」

決まってその言葉が返ってくる。

ねぇ…本当にそうなっちゃったじゃん。

嘘つき。もう笑えないよ。


約束いっぱいしたよね。

何度も行ったディズニー、新しくなったら行こう

東京オリンピックのサーフィン、早めにホテルとろう

来年の沖縄、また同じとこ泊まろう

おうちおいで

台湾行こう

パラオやサイパンもいいね

二人きりの結婚式あげよう

子供の話だってしてたじゃん。

まだ何一つ叶えてないよ。

この約束どうするの。

「今度来たら焼肉ね」

間近の約束さえも叶えてないのに。


想像した未来と叶わないたくさんの約束

私だけではもうどうすることもできない。

彼がいないと一人じゃ何もできない。

ごみ捨てだって、早起きも夜の外出だって

お金もないし、生きることだって。

サーフィンも一人でしたことない。

「大丈夫、任せて」

彼に甘えてすべて頼りきっていた。

彼がいるからできたことばかり。

情けないけどそれが今の自分。


うちも一緒に連れていって。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。