また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

今になって

コンビニに行く

ただそれだけなのに

涙がでそうになる。

彼とよく行ったからか

彼の笑った声、話し方を思い出す。

こんなことですら私には苦痛に

変わってしまったらしい。


ところかまわず泣いてしまいそうで

しゃべると声が震える。


今になって自分がこんな風になるなんて

…思わなかった。

彼が亡くなってから

すぐの方が前向きな気がしたのは

やはり麻痺してたからだろうか。

彼を想って生きていく

サーフィンを続けていく

そう思って、そうしようとしていた。

実際、数日間一人で一緒に過ごした街に滞在したし

一人じゃなかったけどサーフィンだってできた。

それが今では…

怖くて行くこともできないし

外に出るのも辛い

毎日見ていた波情報さえも見れなくなった。

ブログを振り返ることだってできない…

だけどここ最近、暗いことばっかりなのは確かだ。

なんでこんなんなんだろう。


悲しみはそれぞれ

前の向きかたもそれぞれなんだよね。

焦らず、ゆっくり…

そうしたいんだけどな。

うまくできない

何一つ…


数ヵ月振りに母の部屋(元自分の部屋)で

寝てみることにした。

昨日寝れなかった分目は眠い。

ぐっすりと寝れるといいな。

動悸はいらないよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。