また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

二人で見た雪景色

東京で雪を見るのは
私にとって10年振りくらいだ。
あの街は降っているのかな・・・
彼と住んでた街は海沿いで
1度しか降らなかったけど
山に囲まれていたから
ちょっと車を走らせれば別世界だった。
雪景色が見たくてよく行った。
車で少しずつのぼっていく
雨からみぞれ、そして雪に変わる瞬間
窓を開けて手をだして
いつもはしゃいでた。
あの真っ白で静かな空間が好きで
「寒いね」っていいながら一服するんだよね。
雪が積み上がる前だけできる
駐車場でのドリフトが彼は好きだった。
数少ない残ってる動画の一つで
楽しそうな彼が映ってる。


思い出すのは怖いのに
見たくなってしまう
見れば寂しくなるのが分かっているのに
それでも、泣きながらでも
彼を想っていたいのかもしれない。
その後、
彼に会いたくて
彼の所に行きたくなってしまうのだから
今の私には・・・だめなんだろう。


雪だけで
彼との思い出がたくさんある。
毎年恒例のこともあれば
少し違ったことをしてみたり
来年の話をしてみたり。
雪山、雪道、雪遊び...
どれも楽しかった。
もう二度とこない
その寂しさに耐えられない。
一人で見たって何も楽しくないね。
悲しいけど
悲しい思い出にはしたくない。
だけど...やっぱり悲しい。


たまに一緒に写真見て
「懐かしいね」って。
またそう言って彼と笑いたいな。
一人でそう思う日なんかきてほしくない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。