また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

必ずくる

ブログを書いてない日が...
こんなにも経っているなんて気付かなかった。
情けないけど、今も変わらず
ぼーっとしてるだけで
一日が過ぎて行く。
からっぽのままでも心に変化はある。


自分だけの人生を考えてみても
やりたいことがない、やり残したことがない。
彼がいたから生きていた
『なんで私じゃなく彼だったんだ』
そんなどうしようもない考えにたどり着く。
彼としてきたことをやっていく
そうしようと思ってみても
彼と見た景色を一人で
彼としたことを一人で
一緒にいた空間を一人で...
それを想像するととても耐えられない。
一人で生きていく自信がない。
心がついてこない。


だからといってこのままずっと
こもっているわけにもいかなくて。
気持ちはごちゃごちゃ
頭の中もわけ分からなくて
彼がいなくなってどうしようもなくなった
現実に叫びたくなるほどの苛立ち。
思いっきり泣き叫べば楽になるのだろうか・・・
いっそのこと何も考えられなくなってしまえば・・・


だけど冷静な自分がいる
こんな状況でも多少良い子ぶってる自分もいる
それが辛い時もあって、嫌な時もあって
自分で自分を苦しめているところでもある。
誰かに素直に頼れなくて
引きこもることが自分の守り方になってて。
もしかしたら...だからこそ...
私は今生きていられるのかもしれない。
甘えなんだろうけど
これ以上親を悲しませられない、迷惑をかけられない
悲しんでくれる人がほとんどいないとしても
家族が悲しむということだけは分かる。
だから彼の元にいくという選択は...できない。
ただ・・・そうしたい気持ちはある。


こうやって過ぎて行く何もない一日だけど
確実に彼に会える日は近づいている。
今終わらせなくても絶対にくるのだから。
そう言い聞かせて、そう信じて。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。