また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

彼との日々

彼との日々はとにかく毎日が楽しかった。


私は好きな時間に起きて

好きな時に仕事をしていた。

自分の頑張り次第で稼ぎになる。

実際は情けない話お小遣い程度しか

稼げてなくて彼に養われてた。

「未来に投資するよ」

彼が言ってくれた言葉を頼りに

いつかもっともっと稼いで

いろいろなとこに行こうと。

怠けても「やってくださいな」って

笑って許してくれてた。

結婚してから働きたいと思ってたけど

亡くなった8月は、

これで稼げなかったら

出稼ぎするからと

彼に宣言していた。

どこまで本気にしてたか分からないけど

順調に稼いでた5日間だったのにな。


お昼に彼はきて仕事の話をしてくれる。

「まじクソだよ」が口癖で

よく悪口を言い合った。

私も働いてたから知ってるけど

あの会社はとてつもなくブラックだ。

「会社や金のために働いてるんじゃない

遊ぶために働いてるんだ」

実際は稼ぐためなんだけど。

休日はお金をかけない

楽しみ方が好きだった。


うちは17時には飲みはじめて

ご飯を作って彼を待つ。

何でもおいしいって食べてくれてたな。

二人でいることがバレないように

(基本夜しか来ないのに

家賃あげられちゃうから)

一緒にお風呂入って

シングル布団で寝る。

夏は暑いし、冬は毛布の取り合いだ。

他の人が聞いたら

のろけ話かもしれないけど

甘い雰囲気はなかった。

カップルというより

パートナー、家族な感じ。

忘れかけられていた誕生日プレゼントは

刺身とお酒だったよ。

もう少しカップルらしいことも

したかった気がするけど

うちららしかったんだろうね。

LINEのやりとりも

待ち合わせ時間の「930ねー」とか

用事を頼む「ゴミ捨てよろ」とかね。


それにしても仕事を辞めてから

なんて自由な生活を送ってきたのだろう。

大学の時よりひどい。

彼がいたからこそで

彼だからこそ許されたのだろう。

働かないことに悩んだ時だって

「若いんだからそんな時が

あったんだっていいんだよ」

「養ってあげるさよー」って…

休みの日はいつも一緒で

サーフィンもして、遊びまくった。

だから彼がいない今

アラサーで無職になって

何もなくなって

ひとりぼっちになったんだけどね。


彼に甘えていたばかり。

恩返しすることもないまま。

彼にとことん甘やかされた

今のうちに生きる希望がない。

それでも生かされるまま

生きていくしかないのかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。