また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

どうすることもできない悲しみ

何事も過ぎていく毎日でも

ふと悲しみが襲う。

彼がいない

少し前なら一緒に過ごしていた日々が

なくなったことを実感する。

声にだしていくら泣いてみても

満たされない。

どんなに泣いてみても…

話を聞いてくれてた彼が

一緒に笑っていた彼がいない。

綺麗に着飾ってみても

慣れないことを頑張ってみても

無意味に思えて。


彼がいないのにする意味があるのか

彼がいないのに…

いくら思ってもどうにもならない。

強くなっても

強くなれなくても


ふと思い出す、今までのこと。

彼がいたから笑っていた。

なんで死んじゃったの

なんで置いていったの

なんで連れていってくれないの

彼がいない毎日に何があるのか。


時間が経つにつれて

彼がいない現実が当たり前になって

彼といたことの方が

夢だったんじゃないかと思うことがある。

これが当たり前になっていくのかな。

彼との思い出が薄れてきたのかな。

悲しみもなくなってくれないかな。

いつの日か彼がいない中で

彼と出会えたことに感謝して

生きていることが幸せに感じられる

そんな時がくるのだろうか。


そんな想いを抱きながら…

またまだ彼にすがっていたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。