また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

決断

引っ越しするうえで

捨てるかとっておくか

決めなくてはいけない。

思い出のものがたくさんあって

本当は全部大事にしていきたいのだけど。


いっぱい捨てた。

彼がいたからとっていたものも。

持って帰りたいものだったけど

原付バイクを手放すことに決めた。

働いて1年目に新車で購入したものだ。

彼が生きている時も

売ろうか迷ってたものだけど

「売るなら安く買い取るよ」

そう言われたからとっていたもの。

住んでる場所には重宝したバイクだけど

あれば便利で、なくても平気だった。

ほとんど車移動だっから。

彼が津波がきた時逃げるのに早いから

最近は彼が乗っていた。

残せる思い出を一つでも

とっておきたかったけど

一人になった今

ここに住まなくなった今

必要でないと判断するしかなかった。


すべて残しておきたい

それが本音だけど

そうすることもできない。

今いるアパートさえ…

過ごしてきた場所さえも

離れなくてはいけない。


彼はいないのだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。