また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

ぽっかり

引っ越しが終わってから

新しいスタートがきれるわけもなく

心がぽっかりと空いてしまった。

本当に終わってしまったんだと。


なので何も手につかず

ブログも後から書いてます。


亡くなってから数日経った時のように

耐えきれない悲しみに襲われる。

やっぱりどことなく彼の死を受け入れられていない。

ブログに書き出す時は少し冷静にというか

無我夢中で書いてる感じ。

前向きな気持ちも悲しみの気持ちも

他人ごと、小説を書いてるような。

頭では分かってるのに、心がついていかない。

一度胸がぎゅっとつまると

泣くまでつっかえがとれない。


やっぱり彼がいなくなるなんて思えなくて

(みなさんも同じだと思いますが)

昨日まで、こないだまでそばにいて

話して笑ってたのに…

当たり前だと思ってた毎日がなくなって。

いつかは迎える死だけど、まさか明日だとは思わない。

ましてや「死なない」と言ってた人が…

いきなりいなくなったらどうしよう

そう考えたことは何度もある

だけど…だけどね…

彼はいなくならないかもって。

しょうもないことばっかり言ってた人なんだから。

突然死ぬなんて。そんな未来聞いてないよ。


「親より生きれたらいいかな」って言ってた私。

「○○よりは絶対先に死にたい」って言ってた私。

なのになんでよ。

自分の親すら死ぬことなんて想像できないけど

彼となら乗り越えられる気がしてた。

彼ならうちが死んでも生きていけると思ってた。

今からでもどうにかなるのなら

どうか、どうか私を連れていって。

お願いだから…私は彼がいないと…


なんだか親もそろそろ立ち直ってきたでしょ

みたいな感じで接してくる。

しょうがないのだからと。

そんなことは分かってるのになぁ。

心配かけないように笑ってるのになぁ。

前から長く一緒にいるとイラつくから

たまに実家に帰るくらいが良かった。

文句も彼が聞いてくれて

彼といる方が何より楽しかったから。

でも…今は親がいないと何もできないんだから

感謝しなきゃいけないくらいなんだよね。

お金ないと何もできない。

友達からの心配メールもなくなった。

彼がいたらあまり連絡とらないんだから当たり前か。

彼がいたから生きていたような私が

生きていく勇気を持つのは難しい。


今日はなんだかとてもだめな日だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。