また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

やっぱり

やっぱり…うそだ。

彼がいないなんて嘘に決まってる。

彼が、彼が、いなくなるわけない。

写真や動画を見ると

彼が生きてる気がして。

やはり受け止めきれない。

昨日とはまた違う感情がこみあげる。


突然死、ほんとに突然なんだね。

経験した誰もが思うこと、

自分が経験するなんて。

そうなる前はやはり他人事なのだ。

「かわいそうに、めちゃくちゃ辛いよね」

私もそう言ってた一人なんだろうな。

かける言葉は難しい。ほんとにその通り。

だって経験もしてないのに分かるはずないんだから。

少し前まで生きていた人がいなくなる。

そんなの受け入れられるわけがないじゃないか。

だってさっきまでいたのだから

話して、笑って、未来を語っていたのだから。

いなくなると思って話してるわけじゃないから

覚えてなくて当然じゃないか。

開き直りかもしれない、それでもいい。


しかも悲しいことに奥さんじゃなくて恋人…

に残してもらえるのは思い出だけだ。

もらえる遺品も限られてるし、

仏壇もお墓も用意してもらう側。

招いてもらえただけでも感謝しなければならない立場。

彼と過ごした場所も遠ざかれば接点すらなくなる。

記憶だけ、頭の中に映し出される彼がすべてになる。

心の中で彼は永遠に生き続けるけれど

二人の思い出も更新されないし、彼も今の私を知らない。

それに『彼が生きていたら…』そればかり思うんだろうね。

やけくそ…それでも前に進めるならそれでいい。

彼は私を愛したまま待っていてくれるのだから。

私のお迎えがきた時、それはやっと彼に会える時だ。

明日かな?1年後かな?10年後かな?

いつかは分からないけど必ずくる。


でもね…こわいんだぁ…

彼がいないのを認めることが

彼との未来を描けないことが

生きる希望がなくなりそうで。

やはり自分は強がってるだけで弱いようだ。

彼が望んでない、そのことだけが

強くしてくれるみたい。

ほんとはずっと泣いていたい、落ちていたい

それで彼が戻るならね。

死んだ後、彼に会いたいんじゃない。

また同じ時を刻みたい

またあの日々を、幸せな日々を過ごしたい

…その先を一緒に歩みたい。

私はもっと欲深いようだ。

それは叶わないのに…

せめて今の彼がいるとこでもう一度

会えることを祈るしかないんだよね。

彼が待ってると信じて。


ただ…何を思っても泣き叫んでも

彼が戻ってくることはないだろう。

あの日の死んだ彼の顔が消えることさえもないのだから。

私が生きている限り彼はまだ生き続けるのだから。

私はまだ生きているのだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。