また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

二人の人生

言葉一つで彼を思い出す。

住んでた町の名前、行ったことのある所、

生きてる時に話してたニュース…

すぐに彼とのエピソードが結び付く。

『高血圧』その言葉にも敏感だ。

効果があるだの良くないだの

もう聞きたくもない。

これはいつまで続くのだろうか。

いつまで続いてくれるのだろうか。

自分がどっちを望んでいるかは

分からないけど

残るのも消えるのも辛くて悲しい。


情報が新しくなって、変化もしていくのに

あぁ彼はもういないんだ

そう思うとたいしたことじゃなくなって

興味がなくなる。

彼よりテレビもネットも見てたから

「今日は何々があって…」って

会うとうるさいくらいずっと喋ってた。


聞いてくれる彼も

ひたすら話す私ももういない。


彼と過ごす楽しい夜も

寝付けない苦しい夜に変わって

彼が来てくれてた、遊びに行っていた時間も

何もしない時間に変わった。


彼と私、二人でつくるこの世の人生はもう終わったんだね。

彼だけ次のステージに進んだのか。

見守ってくれてるかもしれないし

導いてくれるかもしれない。

だけど

二人で答えをだして、二人で進んでいく

それはもうできないんだね。

うちも次のステージに進めたら

その時はまた一緒に歩めるのかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。