また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

今日も

今日もまた彼の夢を見た。


前住んでたお風呂に一緒に入ってて。

彼が急に意識を失って一度死んじゃうんだけど

生き返る感じ?で。

その時彼がこの後死ぬことを知る。

倒れる気分はどうだったか聞いて

やっぱそう簡単に死んじゃうんだねと。

彼に死ぬこと教えて「なんでよー」と泣く。

「そっちが受けいれられないだけだから」と

彼は分かってる感じで言ってきてさ。

彼との子供は20年以上かかるらしくて

つくるからいなくてよかったよね!的な

夢らしいありえないとこもあったけど。

彼が自分の前から消えて

もう少しで完全にいなくなってしまうんだと思って

思いっきり一人で泣いてた。

(ぼろぼろのラーメン屋が出てくる

意味不明なとこもあったけど)

すごく寂しくて悲しむ夢だった。

今の自分にぴったりで。


彼がいきなり死んでしまったこと

一命をとりとめていたら、

あの日一緒にいたら変わってたのか

自分でも予想してなかっただろう

彼の気持ちはどうだったか

そんな現実の後悔とたられば、

どこか受け入れられない思いが

こうゆう夢を見るのかな。

それとも彼が…伝えようとしてくれてるのかな。


まだ夢で会えることを

純粋に喜べていない。

もう夢でしか会えないから

貴重なのにね。

夢で幸せに生きてて

起きるときのもう会えないって

絶望的な悲しみも嫌だし

うちが見るような現実とリンクするようなのも嫌だね。

せめて夢くらい…とも思うし。


ただ彼が何かしら…

励ましてくれてるのか

受け入れろと言ってるのか。

いや…『こればかりはしょうがないことなんだか』

そう彼らしく伝えてくれてるのかな。

ほんとのことは分からないけど

そう思いたい。


こうゆう夢をみた日は

一日中なんだか空虚感でいっぱいだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。