また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

ほんとはね

会いたい


繕う言葉も

建前も

強がりも

何もいらないのなら。


彼に会いたい

少し前に戻りたい。

それだけを思いたい。

叫びたくなるほどの

言葉にできない想いがずっとある。

それをしても彼が戻ってこないからできない。

する必要がない。


ほんとに突然で

彼とのお別れもなくて

ある日いきなり彼が死んだことを知らされる。

それまで幸せで当たり前の毎日がいきなりなくなる。

まさか彼が、まさか自分が

それを経験するなんて。

それは何日経っても慣れることなんかない。

今までを思い出しこれからを思う。

それがないことを悟り生きることに絶望する。

たとえ、これから何かが変化しようとも

変わらないことがある。

彼を愛した自分。

愛した彼はいなくても

彼を愛した自分は死ぬまでいる。

それは彼を想い続けることであって

一生消えないし消さない。


今日だけ前向きに笑いたい。

だからこそ今日だけ言わせて。


『戻ってきて』


今日は少し、いやだいぶ弱っているのかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。