また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

これからの人生

これから私が進む道は

何したって彼がいない人生だ。


死んだらなにもかも終わり


彼が死んでそう思うようになった。

いい意味でも悪い意味でも。


どうせ死んでしまうのなら

最後には彼のとこに行けるのなら

やってみればいい


なにやったって

彼がいないのだったら

同じこと


気持ち次第でってのは

このことなんだろうな。

それができないからこそ

死別の悲しみがあって

彼のいない人生の苦しみがある。


私の中に彼が生きてるから

彼なら、彼だったら…

そう思うから。

だって彼がいたら

今の状況がないわけで

きっと今頃

いいたい放題、やりたい放題に違いない。

ブログを書いてることも

引きこもってることもない。


「経験してないから気持ちは分からないけど

そう言ってくれる優しさ。

それでいい、それがいい。

たった一度の人生なのだから

できればギリギリまで

むしろ経験なんて

必要ないくらい。


まだ、今でも、そう思えてる。

羨ましくは思えても

恨めしくは望んでない。


ただ…

自分もそうでいたかった

将来を描いて

老後を考えて

当たり前のように思える

彼との日々を生きたかった。


疲れたね、辛いね

そんな風に悩みながら

楽しいね、

明日は、来年は…

幸せを感じながら


そんな未来を見たかった。

彼と一緒に。


前を向こうとすればするほど

彼がいないことと向き合うことになる。

辛さはあっても楽しみもない


彼がいてくれる

一人じゃない

だから大丈夫

今の私にはそう言い聞かせることしか

できない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。