また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

あの頃に

怒られた時、やらかした時は

「○○のせいだからね」

と笑ってやり過ごす


誰かに嫌な気持ちになった時

内心、それなら私も

そういうやり方でやろう

と思ってしまうけど

彼が教えてくれた優しさを思い出す


そうやって…

生きていくしかないのだろうな。


死んだら終わりなのだから

どんな嫌なことも

イラつくことも

その日死んでしまえば

どうでもいいことなのだから。


そう思えても仕事が終わると

一緒にお酒を飲みながら

写真の彼に愚痴を言う。


○○が生きていたら

きっと、弱音ばかり吐いているのかな


自分を偽ることなく

ありのままの気持ちをぶつけて

嫌だ、行きたくない、辞めたい…なんて

甘えて。


「辞めちゃいなー」

って笑って言ってくれるよね。


天気がいいほど

星空が綺麗なほど

彼のいない寂しさがある。


もう一度、あの頃に戻りたいな


強がってみても

やっぱりそう、思ってしまう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。