また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

また一歩

午後から仕事の付き合いがあった。

それでも休みがあったら

勇気があったら

まずは彼の元へ、実家に行きたいと思っていた。


8ヶ月振りの訪問。

働き始めて

やっと堂々と会いに行けることになった。

何も変わってないようだ。

彼の車は息子さんが使うことになったようで

寂しかったけど少し嬉しくも思った。


みんな元気そうで一安心。

彼がいないことだけが

たまらなく寂しかった。


「これから増やしていこうね」

そう話してた明日葉は

大きくなったらしく、食べることもないみたい。


思い出話に

泣かないようにと決めていたが

お母さんの流す涙に私も耐えられなかった。

変わっているようでやっぱり変わってない…

あの日のまま…

彼がいなくなった時のまま…


「これからだったのにねぇ」

みんなで出掛ける約束をして

彼との未来を見ていたあの頃はあったはずなのに

本当にもうないのか…

明るく振る舞って

何事もないように笑えているけど


やっぱり彼のいない人生を

受け入れることができない。

ふわふわとした

誰の人生かも分からないような

そんな日々。


○○がいたら

今頃…。


嫌だなぁ、いないなんて。

つまらない、楽しくない、嫌だ。

そう思っても、そう嘆いても

戻らない、現実。


戻りたい、彼のところに帰りたい

もういないなんてあり得ないよ。


それでもまた一歩踏み出してしまったんだね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。