また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

終わり

変わらず何もない一日だけど、

彼と過ごした一年は終わる。

それだけで…

まさかこんな日を迎えるとは

思ってもいなかったし

今も悲しみでいっぱいだ。

ついこの間のことのように

私の中ではまだ彼はいるのに。


もし、生きていたら彼の家で初めて年を越せただろうか。

そんな想像をしては

平凡な一日すらないことを実感する。

次の日も仕事で早い彼を無視して一人

テレビのカウントダウンで盛り上がってたな。

今年はテレビを見ることもなく

ただ時間が過ぎるだけ。


2017年…

私の人生の中で

一番幸せであり

一番辛い一年だった。

いつか私にお迎えが来たとき

きっとこの一年を思い出すだろう。

これ以上に辛くて悲しい時は二度とこない。


2018年…

一人で生きていく新しい年

そんなのいらないのにな。

「今年は何する?どこ行く?」

そんな言葉も楽しみも存在しない。


ただ…どうしたって彼がもうこっちの世界にいないのなら

土産話を一つでも多く持っていけるほうがいいのにね。

「○○が大事だよ」なんて言っておきながら

会いにも迎えにも来てくれないほど

彼はあっちの世界を楽しんでいるようだし。

なのに私は…

今のままじゃ…

そんなことは分かっているのにな。


私…どうなるのかな、どうするのかな。

自分でも分からない。

本当は…彼のいない

悲しみ、悔しさ、怒りがあって

泣き叫びたい。

それで変わるのなら…。



支えてくださっている方々

見守ってくださってる方々

いつもありがとうございます。

生きる力、もらっています。

同じ苦しみ、悲しみを持っている方

共に生きていきましょう。

少しでも…少しずつ…前に。

そんな一年に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。