また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

月命日8

ついに4月から

働き始めた。

30分くらいで会える距離で

よく通ってた街。


辛い、寂しい…

何よりつまらない。


彼がいたら…そう思う毎日。

写真に話しかける。

会いたい、あの日に戻りたい

そればかり。


慣れなくて嫌なことばかりだけど

麻痺してるせいか

「生きているんだから」

そう思えばやり過ごせる。


彼がいないからこその生活なのに

彼が生きてたらと思ってしまう。


私は誰、ここはどこ…


まだ頑張れる

彼の言葉を思い出して

生きている。


落ち着いたら

海に行くことを考えたい

私がやり残したことががあるとすれば

『あの海でもう一度サーフィンをする』

それだけだ。


彼と見た景色が今は知らない場所のように思える。

会いたいのに会えない


置いていかないで。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。