また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

お願いだから

お願いだから、私のことを放っておいてくれないだろうか。


派遣社員として

ただ仕事をさせて欲しい。


その人の優しさだって分かってるけど

プライベートは関わりたくない。


「気に入られてるよ」

周りの人はそう言うけれど

私にとっては苦痛だ。


彼と行った場所、彼と行きたかった場所

まだ勇気もないのに

行きたくない。


彼と過ごした街に住むとはこうゆうことなのかな。


少し変わってる人で

断れば嫌われる気がする

仕事にも支障がでてくる。

それでもまだ私には行く勇気がない。

好きなわけでもないのに

小さな優しさが彼とだぶる。


重い話でも

話せばいいのだろうか。

話したところで何か変わるのか。

考えれば考えるほど

休みが嫌になる。


彼との思い出に

踏みいって欲しくない

放っておいてほしい…

話してもないくせに

私のわがままだ。


泣いた。

とにかく泣いた。


彼との思い出が甦って

彼がいたら、そう思って。

それなのに彼がいなくて…


慣れない仕事に疲れて

起きれるか不安もあるのに

寝るのが怖い。

飲まずにはいられなくて

生きるのに精一杯。


不満があっても、嫌でも、辛くても

ちゃんと仕事するから

どうか私のことは放っておいてください。


まだ大丈夫。

彼がいてくれるから、私は大丈夫。


うまく笑えてるかな?

「くだらねー」

彼のそんな言葉が浮かんでくるけれど

もういないんだよね。


彼のもとに帰りたい

あの日々に戻りたい


それでもまた明日がやってくる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。