また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

いないのだから

彼がいたら…

心の声がつい出てしまった。


「人のせいにしないの

もういないのだから」


一歩踏み出そうと思った時に言われた言葉。


いないことなんて

自分が一番分かってる

もう会えてないんだから

声も聞けてないし

寄り添えてもないんだから。


何気ない言葉なのも分かってるよ。

踏み出したお祝いにって

美味しいもの買ってきてくれるんだから。


でもね…

今そんなこと言って欲しくなくて。

聞きたくなくて。


お風呂でとにかく泣いた

吐き出す場所がなくて

胸のつまりがとれなくて

どうしようもない

怒り、不安、焦り、悲しみ…に


こんな時に助けてくれたのも

彼だった。

「○○が羨ましいんだよ」

そうなだめてくれて

しょうもないことのように

思わせて笑わせてくれる。

そんな彼がいない。


やめて、やめて、言わないで。

今の私には受け止められないから。


わがままだけど

こんな私を

受け入れてはもらえないのだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。