また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

彼の良さ

慣れない仕事

慣れない早起き

慣れない毎日…


仕事でやらかした

だけど助けてくれる人はいない


今の職場では

怒られることを恐れてか

助けられることもなく

ミスは押し付けられる。


まぁ私の立場はそんなものなんだろう。


だけど…

彼がいたら。。。

きっと自分のことを

後回しにしてでも

助けてくれてた。


それが彼の優しさで

尊敬できるところだった。


今になって

彼の良さが、彼の存在が

こんなにも大きなものだったと気付く。


「そいつらくそだな」

「ほっとかっしぇーよ」


そんな言葉が浮かんで

少し笑ってしまった。


彼が大好きだ。

いなくなっても

私には彼がすべてだ。


早く覚えて

人のためというより

自分が楽になりたい


彼と向き合う時間が欲しい

もっと彼を想う余裕が欲しい


どうか、どうか、私から彼を消さないで…


「笑顔がいいね」

そう言ってくれる人たちがいる。

私は本当に笑えているのだろうか…

きっとこれ以上傷付きたくなくて

笑うことしかできないのだろう。


訳の分からない一日が

今日も終わった。


仕事終わりの

一服、お酒が

彼と共有できる時間。


会いたくてたまらないよ…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。