また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

言い訳

友達に会うにも

今の生活をするにも

言い訳が必要で。


元気なら良かった

なんて言いながらも

本当は泣いてすがりつきたくて。


元気だよ

なんていくらでも言えるのに

本当はこの寂しさに耐えられなくて


彼がいなくなってから

美味しいお酒もご飯もあるはずなくて


そんな相手がいないのも

そんな生活になったのも

自業自得なのに

こんなときだけ誰かに頼りたくて。


自分を励ます言葉も

生きていく勇気も

生きていた頃の彼の存在だけ。


たまには言い訳なんかなくても

ありのままの弱い自分のままでも

いてもいいかな…?


何もかもがどうでもよくなって

「でも…」なんて言わなくても


いないことを受け入れないで

あの頃の彼がいなくなるなんて

思ってもいない私のままで。


もういないんだから

しょうがないんだから

そんなこと思わずにいられたら

どんなにいいのだろう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。