また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

ドライブ

昨日は兄がドライブに連れて行ってくれた。

といっても私はついでなんだけど。


久々の早起き。

いつも起きれなくて悩んでるのに

出かけるとなるとなぜか起きれた。

彼と遠出する時もそう

「こうゆう時は起きれるんだから」

またそう言ってるだろうか。


奥多摩経由で山梨へ。

東京に住んでたのは

高校までだし友達と車で…

なんてこともないから知らない道。

そして乗りなれない車。

それが彼とたぶらないせめてもの救いだ。


兄と二人一緒に出掛けたことなんてない。

きっと彼よりカップルに見えるんだろうな。

ご当地名物を食べたり

道の駅寄ったり

富士山見たり…

笑って楽しめてる…はず。

でもね、彼だけが足りない。


また少し一歩を踏み出した、

彼のいない人生を。

これもまた彼が

いなくなったからこその出来事。

彼に話したくてたまらなくなくなった

珍しく一緒にドライブしたんだよって

富士山に雪が積もってたよって

一緒に行きたいなって。


『彼だったらいいのに』

心の中ではそんなことを思う。

きっと彼とだったら…

喫煙所を見て

お土産屋を見て

登山者を見て

景色を見て

彼を想う。

何を話しただろうか。

彼の運転してる姿が浮かんで

寂しくなる。

もう彼とのドライブはないのか…


こんな風に思い出せるのに

彼を遠くに感じた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。