また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

前向き

絶望を感じながら前向きな気持ちで考えてみる。


彼は毎日楽しんでいた、特に最後の数ヶ月は。

20年以上働いて初めて長い期間の有給がとれた。

好きな時にサーフィンもしたし

楽しみにしてた沖縄も行けたしたくさん遊んだ。

早い時間からお酒も飲んだし

毎日たくさん笑った。

もちろん家のことで大変だったし

週末の仕事すらめんどくさがってたけど

生き生きしていたと思う。

大好きな海で最後を迎えられた。

彼は幸せだったんだ、そう思うこともできる。


彼は若い頃結婚して子供もいる。

海外にも行ってサーフィンを楽しんでいる。

そんな彼が生きた人生までうちにはあと20年以上ある。

彼と結婚するか悩んでたし

若い子の方がいいと思ったこともあった。

彼はもういないんだから

他の誰かを好きになって結婚もしたいと思う。

その出会いは明日かもしれないし、何十年も先かもしれない

さらには死ぬまで独身かもしれない。

それでもいいのだと。

死んだら彼が待っていてくれるんだから

運命がくるまで楽しめばいいじゃないか。

「人生楽しんだもんがち」

彼の言葉通りまた違う楽しみ方をしよう。

うちの幸せが彼の幸せ、そう言ってくれた

その言葉通り幸せになろう。

実際、棺の中に彼宛てに手紙を書いていれた。

○○より好きになった人と幸せになるから

悪い男に捕まらないように見守っていてよ

怒らないでよ、と。


サーフィンもっとうまくなって

おいしいものたくさん食べて

いろんなこと行って

いっぱい笑って…


5年以上一緒にいて

彼が教えてくれたことがたくさんある。

自然に生かされてること

人生の楽しさ、愛し愛されることの幸せ

生き方、考え方

彼に出会って変わったことばかり。

今のうちがいるのも彼のおかげだ。

彼がいたからこそ

生きてこれたのかもしれない。


いつでも泣いてたら心配しちゃうよね

笑ってないなんてうちらしくないよね

そんなの彼は望んでないよね


彼の分まで生きていこう。


そんな風に思えることもある。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。