また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

後悔

私が彼の命を縮めてしまったのだろうか。

たばこをやめていれば

お酒を減らしていれば

高血圧の薬をやめなければ

食事に気を遣っていれば

ストレスを減らしていれば

あの咳に危機をもっていれば

もっと、もっと…ちゃんとしてれば

彼は生きていたかもしれない。

今考えてもしょうがない

たらればばかり。


たばこもお酒も一緒にしていた。

出会う前までやめてたのに

仕事のストレスで

最初に吸い始めたのは私だ。

いつのまにか彼の方が本数は増えて

辞められなくなったのだけど

夏が終わったら辞めようと話してた。

お酒も毎日たくさん一緒に飲んだ。

その時間が二人の楽しみだった。


高血圧の薬は飲んでたけど

必要ないという情報もあって

ならいっかっと判断した。

いろいろ説があるから何とも言えないけど

やっぱり飲んでた方が良かったのかも。

死ぬ2日前、漢方を買おうと話してたばかりだった。


毎日うちの料理を食べてたわけじゃないけど

少しは気にしてたけど

もっと考えるべきだったな。


同じ職場だったから

仕事の辛さも知っていた。

家のこともださなかったけど

心身ともにかなりの負担だったのかも。

うちのわがままもうざかったのかも。


少し前から変な咳をしていた。

他にも症状があって風邪だと思ってたし

咳うるさいと言ったこともあった。

今思えばあれが前兆だったのかも。


彼はうちよりもいい歳した大人だし

うちが言っても辞めなかった。

彼がした選択でもある。

そう全てに言い訳をして

自分をかばっている私がいる。


彼を殺したとまでは思ってないけど

本当は…本当は…後悔ばかり。

「たばこやめてたのに」

「高血圧なのに薬やめてたから」

そう言われるたびに

自分のせいだと思ってしまう。

すべてを話した人が

「あなたのせいじゃない」

そう言ってくれる。

ただそう言われたいだけなのだ。

うちのせいで彼は死んだんじゃない

彼はどんなことをしてようが

しまいが死ぬ運命だったのだと。

二人がした選択…それも運命。


だけどね…一つでも何かしてたら

彼はもっと生きられたのかもしれない。

突然死、様々なことが重なって

なることだとしても

防げることができたのかもしれない。

うちと彼は高血圧をなめていたのだ。

遺伝性だしすぐ死ぬわけじゃない。

だから大丈夫、そうどこかで思ってた。

根拠のない自信。

そんなものなんてやっぱりなかった。


あの時こうしてれば…

そうしてないから今があるのに。

「○○のせいじゃないよ 」

彼ならそう言うだろう

都合のいいように考えてみても

自分のせいではないとしても

どんなに後悔しようが

彼がいない、それだけが現実。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。