また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

月命日2

二度目の月命日。

もうと言うのかまだと言うのか

何日経とうがいまだに分からない。

彼と2ヶ月も話さないなんて今までなくて

彼と過ごした日々の方が

夢だったんじゃないかと思うくらいだ。

昨日までいたような気もすれば

彼が薄れているような気もする

なんとも不思議な感覚。


彼とともにお酒を飲んでつまみを食べる。

(彼は毎日飲んでるかもしれないけど)

話もかけてみる。

「いっぱい飲んで食べてね。」

悲しみはあるけど意外と前に進めてるじゃないか

そんな風に思ってみる。

だけどそうじゃないことをどこかで分かってる。


拒否…


どこかで彼のことを思い出すのを拒んでる。

毎日どんな話してたのかな…

どうでもいい話をうちばっかり話してたせいか

日々の会話があまり記憶にない。

彼はどう答えていたのだろうか。

「よくしゃべるね」

笑いながらそう言われたことは思い出せるよ。

当たり前だと思っていた日常は

そうではなかったんだね。

一語一句覚えていたいのに

うちは忘れてしまったのだろうか。

時が経ったからなのか

何気ない日々だったのか…

忘れたくないくせに、すがっていたいくせに

彼を想うことを恐れている。

彼がいないからだ。

いつか戻ってきてくれるならいい

帰ってきてくれる希望があるならいい

だけとそれだけは何があっても

叶わないことだと分かっている。

ほんとは分かりたくもない。

彼がいなくなったなんて思いたくもない。

もう二度と会えないなんて…


うそだ、うそだ、うそだ

彼が死ぬはずなんてない

本人が死なないって言ってたんだから。


今日くらい笑っていたいと思う。

いっぱい話したいと思う。

でもごめん…うちにはまだそれができないよ。

笑ってみても話してみても

どこか彼のいない寂しさを感じてしまう。

思い出そうとすると

泣き叫びたい感情が押し寄せてくる。

ごめん、うちらしくなくてごめんね。

もう少し待っててね。

いつかまた手料理つくるから。

食べてくれる?

「うまっ」

その一言がまた聞きたいな。


彼が好きでいてくれた自分に

戻れる日はくるのだろうか。


愛してるよ…また逢う日まで。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。