また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

大切な場所

夢を見た。

また彼が死んだ前提で実は生きてたパターン。

うちの好きな唐揚げを一緒に食べる話だった。

この夢は残酷だ。

起きた時に一瞬でも錯覚するから。

現実だったらいいのに…


今日は彼の写真飾るスペースを綺麗にした。

思い出の品をまとめて、お供えやお酒を置きやすく。

仏壇もない私には大切な場所。

毎日話しかける大事な彼が存在する場所。

写真立てにツーショット、

コルクボードには彼がサーフィンしてる姿や笑ってる写真か貼ってある。

一生の宝物であり、常に彼を感じることができる唯一のスペース。

5年も付き合ってたわりに物が少ない。

捨てたのもあるけど

あまり彼からもらったり、一緒に買ったりしなかった。

物より一緒に過ごす時間を共有してきたことに気付く。

だからあまりにも思い出が多すぎるんだよ。


ディズニーチケットは全部とってあって

かなり行ってたんだなぁ…と。

うちは絶叫系がだめだから

何度目かには彼一人で乗るようになった。

(昔は我慢して乗ってたけど)

「乗ろうよー」って言ってくるけど

無理強いはしないのが彼の優しさ。

「次行った時はしょーがないから乗ってあげようかな」

なんて言ってたのにな。

こないだ乗っておけば良かったよ。

最後に行ったのは去年の12月。

初めて知り合いカップルと行った。

車に乗せてもらって

いつもは彼の運転だったから新鮮だった。

二人でお酒飲んでたな。

でもやっぱり「二人がいいね」って言ったんだよね。


いつもホテル泊まって…とにかく楽しかった。

また一緒に行きたいな…

次はリニューアルした時に行く約束だったのに。


今日は家に一人だったから

声を出して思い切り泣けた。

胸のつかえが少し楽になった。

やはり彼のいない毎日は耐えられない。


明日は二度目の月命日。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。