また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

今日はなんだか

気分がずしっと重たい。
一日彼の思い出が頭の中を流れているせいか
毎日疲れて寝ることはできている。
ただ寝てるのに、寝てないような
夢なのか現実なのか分からない感覚がある。
目を開けていられないほど眠くなってからじゃないと
眠ろうとしなくなった。
彼のことを考える時間ができてしまうから。
動悸だけはあの日からずっととまらないのだけど。



家にいるんだから働いている家族のために
料理を作ろうかな、そう思ったことはあるけど
いざ包丁を握ると手が震えて
作る手順もうまく思い浮かばない。
彼に夜ごはん作ってたはずなのにな。
やはりあの幸せな日々に蓋をしているのかもしれない。


今日は何をしていても、彼のことで頭がいっぱいだった。
なぜだか涙がとまらなかった。
「ねぇ!ねぇ!ねぇ・・・、なんで・・・。」
いつもはマンガ読んだりテレビを見たりすれば少しは無になれるのに。
ずっと彼の思い出が流れてた・・・
自分が主人公の映画を見ているような気分。
亡くなったばかりの、顔に布がかけられている彼の姿と
対面した時の言葉で表せない悲しみと絶望が蘇る。
今でも呼吸が荒くなって苦しくなる。
本当にもう会えないのか
彼と過ごす日々はもうこないのか・・・
まだそっちに逝くのは早すぎるよ
これからたくさんの未来が待っていたのに。


「ねぇ○○、早くそっちで逢いたいな・・・」
死ぬ勇気もないくせに生きる気力もない。
生きる勇気もないくせに死ぬ気力もない。
なんて少しおおげさかな。


同じように経験してる人もこんなに
辛い気持ちを抱えているんだよね・・・
その気持ちが分かるから寄りそうことはできる。
だけど人それぞれ亡くなった人への想いは違うから
結局誰にも分からないんだろうな、きっと。
自分が誰よりも一番悲しんでる、そんな気持ちにさせるから
そうであってもなくても。


急に寒くなったせいだろうか。

さみしい気持ちでいっぱいだ。

彼のいない秋になり

彼のいない冬が近づいてくる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。