また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

羨ましい

「彼が死んだ」

「彼が生きてたら」

そう言葉にするのはまだ無理だ。

こみあげてくる。

事実なのに認めたくない気持ちがある。


同じマンションに中学の同級生がいる。

本人はもういないらしいが

親同士でたまたま会ったらしい。

たいてい今何しているのかという話になる。

その子は彼がいて夢に向かって一緒に頑張ってるらしい。

そして私のことは

「いろいろあって…彼と別れて戻ってきてる」

と言ったらしい。

言わないでくれた、母の優しさも理解できる。

だけど…私は言って欲しかった。

彼がいたのだけど亡くなったのだと。

彼が生きた証だから。

関係ないのだけど彼がいた事実をなくしたくなくて。

それに失恋?で実家に戻ったなんて嫌で。

世間体を気にしてるのか、私は…。

「彼が死んだから、そう言ってくれたほうが良かった」

言ったそばから涙がでるのを堪えた。

八つ当たりに近い

これはただのうちのわがままだね。

分かってるのに感情のコントロールがうまくできない。


彼がいなくなってから

他人の生き方に興味もなくなったし

仲良いわけじゃないから

どうでもいいといえぱそうだけど。


正直に言えば

幸せそうな二人がうらやましい

それだけだ。

私にはもうない未来があって…


ただ『羨ましい』

身勝手な感情だ。

彼のいない寂しさは埋めることができない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。