また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

外に出られない

「買い物行かない?」

休みだった母が声をかけてくれた。

やっぱり行く勇気はなかった

幸せそうな人達だけでなく

きっと街のクリスマスムードにも耐えられないから。

そういえばしばらく外に出ていない。

本当に引きこもっていたのか…


もう友達と会うこともなくなったし

会いたいと思うこともなくなった。

言い訳ばっか考えて

その場を笑ってごまかすのに疲れた。

ほんとに一人…家族以外会ってないな。

こないだまではよく外に出てたはずなのに

こうも生活が変わってしまったのか。


「これからどうしよう」

彼にそう話しかけてみた。

答えなんてあるわけないか…

「このままで大丈夫っす」

そう言ってくれてた彼だもんね。

いなくなったら

もう大丈夫じゃないんだけどな。


彼に会いたくてたまらない。

名前を呼んで欲しくて

くだらない話したくて…

いっぱい笑いあいたいな、もう一度。


二度と会えないなんて

訳分からないよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。