また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

友達がいない

彼が亡くなってしばらく経つと、少し他の事にも気付く。
私には、必要とし必要とされる人はいないと改めて実感した。
携帯が必要ないくらい。
彼こそが恋人であり、家族であり、親友だった。
本当にどうしようもなく辛い時
すぐ助けを求められる人もいなければ
何かの時に相手から頼られることもない。
電話帳を見ても、Lineを見ても・・・
結局は一人で泣いて、返事のない彼を頼る
それの繰り返し。
もしかしたら私は彼以外の人に
甘える方法を知らないのかもしれない。
すべて話してきたのは彼だったから
だからこそ今生きる意味を見つけられないのだ。


彼とは『友達』についてよく話していた。
彼もまた親友と呼べる人は一人しかいなかったからだ。
私にも彼以外に大事にしている人はいる。
「少なくても分かってくれる人がいればいいよね」
いつもそんな結論になってたな。
今思えば、その一人がお互いのことだったのかも。
「○○がいるからね」って言ってくれてたから。
そんな中残されてた私はどうなるの。
一人ぼっちになっちゃうじゃん。


実際、仲良くしていて大好きな友達がいた。
だけど彼が亡くなったことを話した時からなんだかおかしい。
いつもなら、今までなら心配して寄りそってくれる友達なのに
連絡さえとりにくい。
そっちがそうならもう知らない、そう強がってみるけど
どことなく寂しくて、何かしてしまったのかと考える。
彼女になにかあったのかもしれないが
話してくれないということはそうゆうことかと
自分を言い聞かせるしかないんだね。
今のうちには深く追求する元気もないから。


ついつい連絡とれた人を頼ってしまって
(久しぶりなのだけど)
返事がないことに不安を感じる。
彼の最後がそうだったから余計に、何かあったのだろうかと。
相手にとっては迷惑な話。
彼がいなくなったから他の人に頼ろうと思っている時点で
おかしな話だよね。
今こうなってるのは自分が選んだことなのだから。


いっそのことすべてリセットしようかな。
そしたらまた新たな出会いがあるだろうか。
この歳でも友達はできるだろうか。
きっと、大丈夫だよね、彼が見守ってくれてるのだから。


ふとしたことでも思う。
彼ならば、彼だったら、彼がいたら・・・


・・・早く彼の元にいけないものだろうか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。