また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

気付いたこと

気付いたことがある。
無理に前に進もうとしなくていいということ。


辛いことから逃げたくて
それでも生きていかなきゃいけない
現実に向き合いたくなくて。
彼じゃない誰かとの幸せも考えてみた。
出会えるか分からないし
こんな私を必要としてくれるかは別として。


それは本当に必要なことなのだろうか。


彼を想い続けたっていいじゃないか。
それで独身だろうが、子供がいなかろうが
将来が不安だろうが、満足できなかったって
彼との幸せが私の人生ならそれでいいじゃないか。


ふとそんなことを思った。
言い聞かせているのかもしれないが。
自分をより苦しめてるのは私だ。
人のせいにして、甘えているのは私。
彼が戻ってくるのならできることは何でもする。
だけど何をしても彼が戻ってこないのなら
無理にすることがあるのだろうか。
きっと、何もないんだろうなぁ。


強がって前に進めたとして
無理矢理彼のことを思い出にしたとして
何か変わるのかな。
本当のところはしてみないと分からないけど
彼との幸せな思い出、彼への想い
それがある限り、私の心は変わらないだろうな。


少し時間が経つとこんな風にも考えられるようになる。
いない現実があるからそうするしかないからだ。
だけど・・・
これだけを受け入れらる日がくるのかは分からない。
1日の中でこうやって考えられる時間もあるけれど
彼を思い出して、彼と会話するだけで
泣いている時間もあるからね。


何より興味がない。
彼がいない毎日を過ごす中で
食べている時も何かをしている時も。
働いていないからといって
楽しさを感じるわけではない。
『生きているだけで幸せ』
人生の中でそう感じる人もいる。
そうゆう場面に遭遇する人もいる。
彼が死ぬより前に、自分が死に直面していたら
そう感じたのかもしれない。


全てにおいて答えがない。
彼がいれば考えることもなかった
彼がいれば考える必要もなかった
だからこそ今考えなくてはいけないこと
自分の生き方を。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。