また逢う日まで

2017年8月、愛する人が亡くなりました。ただただ悲しい気持ちばかりですが、現実と向き合いながら生きていこうと思います。この世にはもういないけれど、また逢える日を信じて。

いつになったら

いつになったら、

彼を思い出して泣かずにいられるだろうか。

いつになったら、

彼とのいい思い出にできるだろうか。

いつになったら、

彼を思い出しながら笑えるだろうか。


いつになったら…


記憶なんて絶対じゃないし薄れゆくものでもある。

昔のことだって曖昧なことが増えてきたのだから。

彼との出会った頃のことでさえ

全て覚えてるわけじゃないのだから。


ずっといない彼を想っているのも辛いところがあるし

彼と過ごした日々が少しずつ薄れていくのも悲しい。

どっちがいいのかなんて分からないし

分かりたくもない。


今日もそんな気持ちだ。


少しだけ在宅ワークをした。

新しいことするにもお金が必要なんだよね。

毎年12月に向けて仕事が多くなる案件がある。

少しずつ増えてきて、いつもならこれから稼ぎ時。

こないだまで住んでいた家、彼の家でこの仕事してたんだよね…。

今でもあの時を鮮明に思い出せるよ。

イスに座ってから見える景色を覚えてる。

「パチパチ順調?」そう聞いてくる彼がいて、

「そろそろ海いこー」そう言ってくれる彼がいる。


仕事をすればするほど

涙でパソコン画面が見えなくなる。

没頭したいのに

彼のことが次々と流れ込む。

あの時は、あの時は、あの時は!!!

言葉にできない悲しみを

当たり散らしたくなる。


もうどんなに頑張っても彼がいない

何のために…

生きるため…だよね。

どんなに嫌でも

彼だって生きるために働いていた。

私を生かすために働いてくれていた。


どんな嬉しいことがあったら

どんな楽しいことがあったら

どんな幸せだったら…


心から喜べるのだろうか。


彼がいない人生をこれからどう過ごしていけばいいの?



○○、見守ってくれてるなら

そろそろ教えてよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。